看護師

治療法の選択

部分切除であれば低価格で可能です

女性

比較的体の外側に出来る子宮頸がんは、がんの進行度によっては簡単な手術で治療することが出来ます。例えば、初期の子宮頸がんの治療で広く行なわれている円錐形手術の場合には、レーザーや電気メスを用いて開腹することなく直接患部を治療することが可能です。この円錐形手術は費用の点でもかなり抑えられており、約5万円前後となります。 円錐形手術の場合には1泊程度の入院で出来ることが多く、入院のための費用が抑えられるという特徴があります。一方、一般的な開腹での子宮頸がん手術の場合には1週間程度の入院が必要になるため、その分費用も高額になる訳です。最近では、日帰りでの手術も可能になっており、早期発見のメリットは経済的な面でも大きくなっています。

様々なメリットがある治療法なのです

少ない経済的負担で出来る子宮頸がんの円錐形手術には、他のメリットもあります。例えば、子宮を温存出来るということです。この手術では子宮頸部の一部分のみを治療するため、後の妊娠出産にも影響を与えることが極めて少ないと言えます。また、手術による出血を大幅にコントロール出来るという点も、大きな利点となるのです。開腹手術の場合には出血量が多くなることもあり、一定のリスクが伴いますが円錐形手術ではそういったリスクも少なくて済む訳です。 手術に要する時間が明らかに少なく、速やかに日常生活に戻れる点も忙しい女性には大きな魅力となっています。翌日からの社会復帰も可能で、仕事にも穴をあけることなく治療を受けることが出来るのです。

治療のアプローチ

患者と先生

腰部脊柱管狭窄症の治療は内科的治療と外科治療の2種類があります。外科治療は年々治療法が大きく変化し、手術部位に辿り着くまでに切る必要のないものも切っていたのですが最先端の内視鏡手術ではあまり切らずに手術が行えます。

Read More...

チェックリストの活用

看護師

腰部脊柱管狭窄症はチェックリストを活用することでセルフチェックすることが出来ます。症状が悪化する前に早期治療を行うことが出来るようになります。WEBでも判定が可能です。

Read More...

治療までの流れ

先生

腰部脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと似ており、整形外科で受診することでしっかりと判定することが出来ます。検査する時はレントゲンやMRIなどを利用し、根本的な解決には外科手術が必要です。

Read More...